新幹線0系がモデルのケーブルカー

新幹線0系モデルのケーブルカーがあると聞いて気になっていました。「どんな可愛いケーブルなんだ!?」
しかも源平合戦で有名な香川県高松市にある屋島の近く、これはとても行ってみたい。
ということで、とある暑い夏の日に行って参りました。


高松市は四国と本州を結ぶ鉄道が通っている市で、本州と四国をむすぶ玄関口にもなっています。
なかなかに人が多く活気ある駅です。
「ことでん」はこの辺りで、親しまれている私鉄電車。そんな電車にのってケーブルカーのある五剣山・八栗寺に向かいます。

「ことでん八栗駅」より山の方へ向かって坂をゆるゆると登っていきます。駅から30分位。
有名なおうどん屋さんを過ぎたらもう少し。

yakuri_1.jpg

いました!0系に似てる???

yakuri_2.jpg

お寺へは歩いても行けるそうですが、せっかくなのでもちろんケーブルカーに乗ります。山頂駅までは約4分。

yakuri_3.jpg

乗りました。

yakuri_4.jpg


降りました。この五剣山の8合目にある山頂駅。もうお別れだなんてさみしい。八栗寺に向かいます。

yakuri_5.jpg


yakuri_6.jpg


yakuri_7.jpg


yakuri_8.jpg

多宝塔

yakuri_9.jpg

二天門

yakuri_10.jpg

お迎え大師

yakuri_11.jpg

展望台になっています。源平の古戦場を挟んで右手(西側)には屋島が見えます。

yakuri_12.jpg

ケーブル乗り場まで戻ってくると、お土産店・売店に入るとお店の方がお茶とお菓子のサービスをしてくださいました。
うれしい//><//疲れた体にちょっと甘めのグリーンティーとお菓子がしみます。

yakuri_13.jpg


yakuri_14.jpg


yakuri_15.jpg

素敵なお土産を発見!これはとてもかわいい。ひらがなの「やくり」も胸きゅん案件。ビニール袋もオリジナルで素晴らしい。
こちらのケーブルカーは、1本のロープでつながっているつるべ式(網作鉄道線)なので、途中で線路が二つに分かれます。
1号車が赤。2号車が青。私はこのとき1号車に乗車中。

yakuri_16.jpg

2号車きたーー!!

yakuri_17.jpg

正面顔が一番好き!ああああ可愛い。

yakuri_18.jpg

ちなみにケーブルカー乗り場のすぐ近くに、源平合戦ゆかりの場所、源氏の池があります。

yakuri_19.jpg



【八栗ケーブル】
昭和39年開業。営業区間は660m(ロープ長さ733m)。
発車時刻:15分毎(団体・多客時は臨時便運転)
12月31日〜1月3日は特別ダイヤにて運転
運転時間:通常7:30〜17:15 毎月一日5:00〜17:15
運賃:大人 往復930円(上り560円/下り460円)
小人 往復930円(上り560円/下り460円)


【五剣山 観自在院 八栗寺(やくりじ)】
所在地:香川県高松市牟礼町牟礼3416
真言宗大覚寺派 本尊は観世音菩薩
空海(弘法大師)が唐へ渡る前に五剣山に登り、8つの焼き栗を埋めたところその全てが成長したことから「八栗寺」と命名。
商売繁盛」の天尊として崇められ、熱い信仰を受ける。
天長6年(829)に再訪し開基。大師が虚空蔵求聞持法を収めた際、天から5本の剣が降り蔵王権現が現れ、
この地が霊地であることを告げたそうです。


タグ:高松
posted by なかのまいこ at 00:04 | 旅日記〈高松〉

高松平家物語歴史館

源平の合戦跡地のひとつ「屋島」に行ってみたいと香川県高松市にやってました。
屋島に行く前にまずはこちら。↓

「高松平家物語歴史館」

heikerekisi_1.jpg

こちらは軍記物の古典傑作と言われる『平家物語』の名場面の
数々を等身大のろう人形300体以上で再現した
立体歴史絵巻「日本最大のろう人形館」です!
JR高松駅から南へ瀬戸大橋通りに出て東へ徒歩で約30分。
競輪場やホテルマリンパレスを少し過ぎた港側にあります。

入り口へ向かう途中↓

heikerekisi_2.jpg
手描き看板がいい味出していますー!!

受付で入館料を支払い、中へ。

☆1階は四国の偉人・著名人コーナー

特別展示・空海(弘法体師)

heikerekisi_3.jpg

文学人・学者・スポーツ・芸能など

heikerekisi_4.jpg

政治・社会(↓左手前が板垣退助。右手前が吉田茂。)

heikerekisi_5.jpg

☆2階は平家物語コーナー

\いらっしゃい〜/

heikerekisi_6.jpg

全部で17の場面が表現されています。

「第10景 一ノ谷の合戦」

heikerekisi_7.jpg

大迫力!!


「第2景 平家にあらずんば人にあらず」

heikerekisi_8.jpg

「第3景 仏御前、祇王を訪ねる」

heikerekisi_910.jpg

「第14景 清盛の孫、摂政・基房を辱める」

heikerekisi_9.jpg

「第6景 物怪(もののけ)」

heikerekisi_10.jpg

「第12景 那須与一、扇の的を射る」

heikerekisi_11.jpg

屋島といったらこの場面。

「第13景 安徳天皇、入水」

heikerekisi_12.jpg

平家の最後、壇ノ浦。

「第15景 平家滅亡」

heikerekisi_1213.jpg

「第16景 祇園精舎の鐘の声」

heikerekisi_13.jpg

京都大原の寂光院。

「第17景 琵琶法師」

heikerekisi_14.jpg

熱心に見入っているカップルがいらっしゃいましたwちょっとした遊びゴコロがステキ。

1階に戻って来ました。

heikerekisi_miyage.jpg

土産物売場や売店、休憩コーナーがあります。
昭和感あふれる懐かしい雰囲気で何だか落ち着きます。


記念撮影もぜひどうぞ☆

heikerekisi15.jpg

ほんわかとあたたかい雰囲気の館内スタッフさんにも癒され、
ゆったりと観ることができました。ありがとうございました^^


高松平家物語歴史館
住所:香川県高松市朝日町3丁目6番38号
開館時間:午前9時〜午後5時30分(年中無休)
入館料:大人1,200円・中高生800円・小学生600円
TEL:087-823-8400 FAX:087-823-8837

★個人の方はホームページから来館予約をすると入館料割引の特典があります。
・大人1,200円→1,000円(2017年9月現在)
posted by なかのまいこ at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記〈高松〉