余市りんごクッキー【北見鈴木製菓】

ピンク色のチョコにきめ細やかで優しいお色のクッキー。

余市産のりんごチョコがサンドしてあるきれいで繊細な印象お菓子です。


余市りんごクッキー北見鈴木製菓さん.jpg



「ハッカの街」として栄えた北海道北見にある北見鈴木製菓さんのお菓子、すべて北海道産というこだわりです!

ハッカやとうもろこしを使用したものもあり、パッケージもきれいな色でかわいくて、

いろんなステキがぎゅーっとつまっていて、みているだけで幸せになります♪

ぜひ他の種類も食べてみたいと思います。


北見鈴木製菓株式会社(北海道北見市東三輪)



posted by なかのまいこ at 23:11 | TrackBack(0) | 食べる(おやつ)

チーズ饅頭【わらべ】


わらべチーズ饅頭.jpg




宮崎のチーズ饅頭の中でも特に人気!

御土産店や通販にも取り扱いがなく、宮崎市のこのお店に来ないと手に入らない!という貴重なお菓子です。

一日に作られる数に限りがあるようですので、ご購入の際はご予約をおすすめします!

外はざくさくっ、中はほろほろとしたクッキー生地、真っ白で美しいクリームチーズが

どんっと真ん中に入っています。ティータイムにぴったりのお菓子です。



菓子処 わらべ】

住所:〒880-0871 宮崎市大王町38番地1

創業昭和59年3月永楽町に開店 平成17年3月10日大王町に移転オープン

営業時間:9時〜18時  定休日:日曜

☆購入の際はご予約をおすすめします!


posted by なかのまいこ at 23:06 | TrackBack(0) | おやつ・お菓子

2度目の高知(1日目)【唐人駄場・足摺岬】

2度目の高知は土佐清水〜高知市内。大阪からは夜行バスを利用しての旅です。


土佐清水での目的は、

○唐人駄場遺跡群をみて古代人に想いをはせる
○足摺岬の絶景をみる
○ジョン万次郎資料館にいく
○竜串エリアで珊瑚をみる

です!!


朝7時頃、高知県四万十市にある土佐くろしお鉄道「中村駅」前バス停に到着。


2kouchi1-1.jpg

中村駅は、比較的新しくきれいで、あたたかみのあるヒノキ造りの素敵なデザインになっていました。
土佐清水市中心街、唐人駄場、足摺岬方面へはここからバスで向かいます。


2kouchi1-2.JPG


今日のルートはこんな感じ。


2kouchi1-il3.jpg


市街中心部をすぎ、ジョン万次郎の生誕地を通り、約1時間半。
海沿いの崖のようなところを進んでいきます、、高知の道はすごすぎる、、。運転手さん、、本当にすごい運転技術です。
道はちょっとこわいけど、海沿いで景色はすばらしい。


◎バス停「唐人駄場入口」下車

2kouchi1-3.JPG

着きました。ここからはひたすら山の方へ向かい坂道を登っていきます。
ふと横をみてみると、「海つつつ!!!」と叫ばずにはいられない絶景が広がっています。


2kouchi1-4.JPG

【うすばえさくら公園】

2kouchi1-5.JPG

すこし上がっていくとキレイに整備された公園があります。
↓自然に優しいバイオトイレ。

2kouchi1-17.JPG


さらにあがります。アスファルトの山道を登ること約30分。

2kouchi1-15.JPG

ついた!!!

2kouchi1-6.JPG


【唐人駄場園地】

2kouchi1-7.JPG

広いー!キャンプ場になっています。
さらにさらにもう少し歩いて巨石群へ

2kouchi1-8.JPG


せまい。

2kouchi1-11.JPG

道がせまくて、荷物がつっかえて通れないという事態が発生。でもどうしても進みたいので、荷物を置いてちょっと進んでみる。

2kouchi1-il1.jpg


そして、でかい。

2kouchi1-14.JPG

(どんくさい人間にとっては)かなり危険な橋をわたって前に進む。

2kouchi1-il2.jpg


がんばったかいがあった!!!

2kouchi1-13.JPG

ひろいー!とても贅沢な景色です。ほとんど人もいないので、すてきな景色を独り占めです。

もっとゆっくりしたいところでしたが、バスの時間があるため急いで戻ります。

2kouchi1-16.JPG


無事バス間に合ってよかった。引き続き、崖っぷちの山道を進むこと約20分。運転手さん、、本当にすごい。
ついに終点の足摺岬に到着!


ジョン万次郎さん像


2kouchi1-konnitiha.jpg


観光案内所の方に周辺観光マップをもらいます。この辺りにはコインロッカーがないようです。
荷物の扱いに困っていると観光協会のおじさまが預かってくださいました。お心遣いが大変ありがたい。


天狗の鼻

2kouchi1-19.JPG

絶景撮影ポイントだそう。屋根付きベンチがありました。



展望台

2kouchi1-20.JPG


足摺の七不思議 というものがあるらしく、七不思議をたどりながら遊歩道を進みます。

2kouchi1-23.JPG


足摺灯台

2kouchi1-21.JPG

どこか昭和感があふれていてなんだかとても魅力的です。

天然記念物 白山洞門

2kouchi1-24.JPG

上の方に神社がありますが、ご神体のため入ったりはできないようです。階段があるので降りてみます。けっこう急な階段。


2kouchi1-25.JPG

降りるとその大きさをより感じることができます。 視界いっぱい!カメラに入りきらないです。
高さ・幅・奥行15m以上もある花崗岩の海融洞。

ちなみに全体を見るのなら近くの「万次郎足湯」(無料)から眺めるといいようです。



↓葉っぱが南国。高知は南国だったことを思い出す。

2kouchi1-26.JPG

ぐるりと周って最初に来た道に戻ってきました。

2kouchi1-27.JPG

四国八十八ヶ所巡りの第38番礼所【金剛福寺】

2kouchi1-28.JPG

こちらの御本尊は三面千手観音菩薩さまです。お遍路さんがたくさんやってきます。海外の方もたくさんいらっしゃいます。


約2時間の散策を終え、次は「ジョン万次郎資料館」へ向かいます。
高知のバスの運転手さんはとても親切で、乗り換え場所や時間についてもアドバイスしてくださいました。
あたたかいお心遣いに、ほっこり癒されます。

◎バスで竜串方面へバス停「清水プラザバル前」で一旦下車。乗り継ぎ券(乗り換えた次のバス料金が100円引になる)をもらって竜串方面のバスに乗り換えます。最寄りのバス停がこちら↓
◎バス停「養老」下車

2kouchi1-29.JPG

降りたのはいいけどどっちへ行けばいいかわからず、途中、漁港に迷い込んだりもしましたが、、何とか、つきました。

2kouchi1-30koko.jpg


【ジョン万次郎資料館】
料金 大人400円  営業時間 8:30〜17:00 無休
●今回は竜串エリア3館セット券 大人1,000円を購入利用。(3館=足摺海洋館・海のギャラリー・ジョン万次郎資料館)
(*ちなみに私がいったあと、2018年4月にリニューアルオープンをされたようです!またいきたい!)

写真コーナーもあります。

2kouchi1-31.JPG

ここでは、ジョン万次郎の生涯を資料とともに分かりやすく学ぶことができます。「あきらめない」すごさを学ぶ。


さて、次はお宿へ向かいますが、バスの時間まであとたっぷり2時間・・・。
日が暮れるのを眺めながらのんびりと待ちます。うーん贅沢な時間。

2kouchi1-32.JPG

近くにあった万次郎少年像。なんとも言えない迫力がある。

2kouchi1-33.JPG

バスに乗って約15分。竜串観光エリアにあるホテル南国さんにチェックイン。とっても雰囲気の良い素敵なオーナーさんです!!
夕食は食堂でいただきます。お魚や貝など海の幸がたくさん!!高知名物カツオのタタキももちろんあります♪うれしい。

ロビー横に居酒屋スペースがあり、そちらの方からも楽しそうなお客さんの話し声がきこえてきます。
見知らぬ土地で何気ない会話って、なんかすごくいい。お部屋も広い和室で、のんびりできました。
あったかい雰囲気に癒されながらおやすみなさいー。

(つづく)
posted by なかのまいこ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新幹線0系がモデルのケーブルカー

新幹線0系モデルのケーブルカーがあると聞いて気になっていました。「どんな可愛いケーブルなんだ!?」
しかも源平合戦で有名な香川県高松市にある屋島の近く、これはとても行ってみたい。
ということで、とある暑い夏の日に行って参りました。


高松市は四国と本州を結ぶ鉄道が通っている市で、本州と四国をむすぶ玄関口にもなっています。
なかなかに人が多く活気ある駅です。
「ことでん」はこの辺りで、親しまれている私鉄電車。そんな電車にのってケーブルカーのある五剣山・八栗寺に向かいます。

「ことでん八栗駅」より山の方へ向かって坂をゆるゆると登っていきます。駅から30分位。
有名なおうどん屋さんを過ぎたらもう少し。

yakuri_1.jpg

いました!0系に似てる???

yakuri_2.jpg

お寺へは歩いても行けるそうですが、せっかくなのでもちろんケーブルカーに乗ります。山頂駅までは約4分。

yakuri_3.jpg

乗りました。

yakuri_4.jpg


降りました。この五剣山の8合目にある山頂駅。もうお別れだなんてさみしい。八栗寺に向かいます。

yakuri_5.jpg


yakuri_6.jpg


yakuri_7.jpg


yakuri_8.jpg

多宝塔

yakuri_9.jpg

二天門

yakuri_10.jpg

お迎え大師

yakuri_11.jpg

展望台になっています。源平の古戦場を挟んで右手(西側)には屋島が見えます。

yakuri_12.jpg

ケーブル乗り場まで戻ってくると、お土産店・売店に入るとお店の方がお茶とお菓子のサービスをしてくださいました。
うれしい//><//疲れた体にちょっと甘めのグリーンティーとお菓子がしみます。

yakuri_13.jpg


yakuri_14.jpg


yakuri_15.jpg

素敵なお土産を発見!これはとてもかわいい。ひらがなの「やくり」も胸きゅん案件。ビニール袋もオリジナルで素晴らしい。
こちらのケーブルカーは、1本のロープでつながっているつるべ式(網作鉄道線)なので、途中で線路が二つに分かれます。
1号車が赤。2号車が青。私はこのとき1号車に乗車中。

yakuri_16.jpg

2号車きたーー!!

yakuri_17.jpg

正面顔が一番好き!ああああ可愛い。

yakuri_18.jpg

ちなみにケーブルカー乗り場のすぐ近くに、源平合戦ゆかりの場所、源氏の池があります。

yakuri_19.jpg



【八栗ケーブル】
昭和39年開業。営業区間は660m(ロープ長さ733m)。
発車時刻:15分毎(団体・多客時は臨時便運転)
12月31日〜1月3日は特別ダイヤにて運転
運転時間:通常7:30〜17:15 毎月一日5:00〜17:15
運賃:大人 往復930円(上り560円/下り460円)
小人 往復930円(上り560円/下り460円)


【五剣山 観自在院 八栗寺(やくりじ)】
所在地:香川県高松市牟礼町牟礼3416
真言宗大覚寺派 本尊は観世音菩薩
空海(弘法大師)が唐へ渡る前に五剣山に登り、8つの焼き栗を埋めたところその全てが成長したことから「八栗寺」と命名。
商売繁盛」の天尊として崇められ、熱い信仰を受ける。
天長6年(829)に再訪し開基。大師が虚空蔵求聞持法を収めた際、天から5本の剣が降り蔵王権現が現れ、
この地が霊地であることを告げたそうです。


タグ:高松
posted by なかのまいこ at 00:04 | 旅日記〈高松〉

ちりめんぬれせんべい「昭和四年」

鹿児島県のお菓子


ちりめんぬれせんべい昭和四年.jpg



鹿児島県いちき串野市にある水産会社と洋菓子店のコラボお菓子です。

なんだか気になる商品名とお味・・・。


おせんべいというから和風かな?と思い口にすると、、うん!?ちがう、、?バター風味で洋菓子っぽさもあります。

触感がとても特徴的で、じゅわっとしっとり。鹿児島のお醤油を使った甘辛で何ともいえない美味しさです///

面白くて素敵なお菓子に出会えました。


商品名の由来にも物語がありますようで、


「昭和四年」生まれのノブとサチは大の仲良し。 時は過ぎ、ノブはお菓子屋、サチはちりめん漁師になりました。

そして「いつか一緒に何かを作ろう」と約束しました。


ですが、そのときは、実現せず・・・。

時が経ち、現在のオーナーさんがそれぞれのお父様に捧げるために作ったお菓子。


なんだそうです。8年の試行錯誤の末、2016年4月に完成。

大久保水産さんで加工した花ちりめんを、洋菓子店モン・シェリー松下さんが作った生地にのせて出来上がります。

鹿児島県内のお土産屋さんや通販で入手できます。


====================

洋菓子【モン・シェリー松下】

本社:鹿児島県いちき串木野市大里5550-1


水産会社【有限会社大久保水産】

所在地:鹿児島県いちき串木野市湊町22

====================







posted by なかのまいこ at 23:41 | TrackBack(0) | おやつ・お菓子